医療法人社団田辺医院 田辺内科胃腸科医院

大腸内視鏡検査

下部内視鏡(大腸カメラ)検査とは

以下の症状でお悩みの方は胃カメラ検査を受診する事を推奨します
  • 便潜血検査で陽性と診断された
  • 血液が混じった便が出る
  • 便の形が細くなった
  • 慢性的に便秘や下痢を繰り返す
  • 粘液のような膜が付着した便が出た
  • お腹の張りが気になる
  • 身内に大腸がんを発症された方がいる

⼤腸カメラ検査とは肛⾨から内視鏡スコープを挿⼊して肛⾨、直腸や⼤腸を観察する検査です。内視鏡スコープの先端に搭載されている⼩型のカメラを通して、腸管内の症状を観察する為、病変部をより詳細に診ることが出来ます。

当院の⼤腸カメラ検査の特徴

FEATURE1患者さんの不安を取り除く院内下剤に対応

⼤腸カメラ検査時は下剤を服⽤し、腸管内を綺麗にしてから検査を⾏います。患者さんがご来院前に下剤を飲まなければならないというご不安を解消するべく、当院では院内で下剤を服⽤できるスペースを設けております。
そのためご来院時までの排便のご不安を抱く事はございません。当院では患者さんの苦痛を極⼒減らした検査をご提供いたします。

画像:下剤を服⽤できるスペース

FEATURE2⼟曜⽇での⼤腸カメラ検査を実施

当院では、平⽇お仕事でお忙しい⽅にも⼤腸カメラ検査を受けていただくために、⼟曜⽇の検査を実施しております。⼀⼈でも多くの⽅に⼤腸カメラ検査を受けていただき、⼤腸がんで苦しむ⽅を⼀⼈でも減らしていきたいと思っております。

FEATURE3安⼼して⼤腸カメラ検査を受けていただく為の万全な体制

当院では患者さんに⼤腸カメラ検査を安⼼して受けて受けていただくために、内視鏡スコープ洗浄機を設置しています。内視鏡スコープの滅菌がしっかり⾏えていないと感染症が発症する事が知られています。
当院では「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン第2版」に準じた最新鋭の洗浄機を完備しています。

FEATURE4経験豊富な医師が⼤腸カメラ検査を実施

当院では経験豊富な医師が⼤腸カメラ検査を実施しております。また、地域の医療機関との連携を図ることで、皆様のご健康に貢献してまいります。

大腸カメラ検査で分かる疾患

大腸カメラ検査で以下のような疾患の治療・診察が可能となります。

  • ⼤腸がん
  • ⼤腸ポリープ
  • 急性⼤腸炎
  • 虚⾎性腸炎
  • 潰瘍性⼤腸炎(UC)
  • クローン病
  • ⼤腸憩室炎
  • 感染性⼤腸炎 など

上記で挙げた疾患は⼤腸検査で診られる疾患のごく⼀部です。

大腸カメラ検査を受けるタイミング

大腸がんは30歳を過ぎると発生件数が上昇していきます。その為、30歳を過ぎましたら定期的に大腸カメラ検査を受診する事が大切となります。大腸カメラ検査では、直接腸管内を観察する事が出来るので、幅広い大腸疾患の確定診断が可能となります。30歳を過ぎましたら、大腸カメラ検査の受診を推奨しております。腹部に症状がある方や便潜血検査で陽性と診断され方は尚更大腸カメラ検査は必須です。

大腸カメラ検査の流れ

当院の大腸カメラ検査の流れをお伝えします。

STEP1:検査前日まで

⼤腸カメラ検査を受けていただく前に⼀度、外来を受診していただきます。

  • その際に検査前日、検査当日の朝にお飲みいただく下剤をお渡しします。
STEP2:検査前⽇

検査の前⽇のお⾷事は残渣が残らないよう軽いお⾷事にしていただきます。また、検査2⽇前から就寝前に下剤を服⽤していただきます。

STEP3:検査当⽇の朝

検査当⽇の朝⾷はお控えください。普段服⽤されているお薬はお飲みいただいて構いません。
また、下剤をお飲みいただき腸管内を綺麗にしていただきます。

  • 糖尿病のお薬は事前に医師にご相談ください。
  • ご自宅での下剤服用も可能です。
STEP4:検査時

検査服にお着換えいただきます。⼤腸カメラ検査は15~30分程度かかります。
また、検査時はネックレス、ピアスや時計などのアクセサリー類はお外しいただきます。

大腸カメラ検査の料金

当院の大腸カメラ検査の料金をお伝えします。

保険適応

名称 1割負担 3割負担
大腸カメラ検査 約2,000円 約5,000円

よくある質問

大腸カメラ検査は基本的には保険が適用されます。保険適用をされた大腸カメラ検査の金額は料金表をご確認ください。

特にはございません。

大きく体調を崩されている場合は大腸カメラ検査の実施はお勧めできませんが、症状の軽い風邪や少しの発熱程度であれば問題はありません。最終的な判断は医師・看護師が致しますので、大腸カメラ検査を受けられる前に、不安なことをスタッフにお伝え下さい。

大腸カメラ検査を実施し、大腸の中の状態を医師が確認した上で、次回の検査日をお伝えします。異常がなかったとしても3年に1回は大腸カメラ検査をお受け頂く事を推奨しています。